ニキビイメージ

ニキビの対処法を見直してみます

私はだいたいいつも、生理前になるとニキビができます。
それ以外のときは、できたとしても小さいニキビなのですぐに治ることが多いです。
ですが、生理前にできるニキビはとても大きくてすごく痛いことが多く、いつもその時期には悩まされます。
すごく痛いので、つぶしてしまいたいのですが、それはお肌に良くないことですし、痛すぎてつぶせないという理由もあります。
洗顔するときや、メイクをするときにちょっとでもニキビに触れると痛いので、洗顔もかなり丁寧に優しくしないといけません。
だいたいいつも、生理が終わるころにはニキビもいつの間にか治っていることが多いのです。
先日も、何個か一気ににきびができまして、どれもすごく痛くて辛かったです。
今までにきびで皮膚科に行ったことはないのですが、初めて行こうかと思ったくらいでした。
皮膚科に行くと、綺麗に治るみたいですし、治るスピードもはやくなると聞いたので、今後またこの前みたいに大きなにきびが一度に何個もできたら、悩まずにすぐに皮膚科に行こうと思いました。
私の場合は、特に対処しないことが多いので、きっとにきびは一番遅いスピードで治っていると思います。
市販されている薬を塗るのもいいのですが、それを塗ったこともありません。
雑誌などでにきびの対処法が書かれていたりするのを見たことがあるのですが、それにはなるべく触らずに皮膚科に行くか清潔にして薬を塗るようにと書かれていたので、今後はそれを実践して、肌を大切にしてあげたいと思います。
そうすることで痛みからも早く解放されると思います。
そして、まずはにきびを予防することも始めないといけないなと思いました。
私の場合は特に、生理前にできやすいということが分かっているため、生理前は特ににきびができないようにするために、顔を清潔に保っておくべきだと思いました。
ニキビを予防するための洗顔フォームや化粧水などもあるので、今使っているものをニキビ専用のものに切り替えようかなと思っています。
そうすることによって、あの生理前の憂鬱な気分が少しでもなくなるのならすごく良いと思います。
最近はにきび専用の化粧品はすごく多くて、実際に私の知り合いでもにきびですごく悩んでいる人がいて、化粧品をすべてにきび専用のものにしたところ、すぐににきびが治ったと言っていたので、すごく効果が高いものなんだなと感心しました。
もちろん、人によって効果に差はあると思いますが、私の知人は本当にすごくきれいになっていました。
それから、洗顔の仕方も一度見直して、もっと優しく丁寧に洗ってあげないといけないと思いました。
眠たい日や疲れている日は洗顔もちょっと適当にしてしまうときがあるので、どんなときでもちゃんと泡をたてて、泡で優しく顔を洗うことによって、毛穴の奥にある汚れもとれて、にきびの発生率は下がるはずです。
なので、少しでもにきびの発生率を下げるためにも、これからは毎日丁寧な洗顔を心がけようと思います。
とにかくまずは、生理前や、それ以外のときでも肌を清潔に保ち、にきび専用の化粧水などに変えて、それでももしにきびができたときはすぐにつぶしたり触ったりせずに、皮膚科に行くようにしたいです。

Copyright (C) 2008 きれいな肌.com All Rights Reserved.