ニキビイメージ

ニキビを綺麗に治す方法を覚えておきましょう

お肌のトラブルの中でも特に多くの方を悩ませているのがニキビです。
私もその一人でした。
ニキビができてしまうとやはり目立ってしまいますし、人の目も気になってしまいます。
そんな厄介なニキビを治す為にも私が行って方法を記載してみましょう。
まず、私は洗顔料選びから行いました。
洗顔料がお肌に合っていないとお肌への刺激になってしまいますし、ニキビの状態を悪化させてしまうからです。
洗顔というのは通常朝晩行うものですので、その度に刺激を与えてしまうのは決してよい事ではありません。
もし洗顔料選びに迷ってしまった場合には口コミなどを参考にしてみると良いでしょう。
私も洗顔料選びには非常に迷いましたが、口コミなどで評判をチェックしながら自分に合う洗顔料を探し当てました。
洗顔の前の下準備にも気を配りました。
まず、洗顔の際には毛穴を開いておく事が大切ですので、時間がある時には入浴を行ったり、時間が無い場合には蒸しタオルを使って毛穴を開いてから洗顔を行うようにしていました。
また、洗顔料をしっかりと泡立てるように意識していました。
洗顔料の泡立ちが不十分ですと泡のキメが粗くなってしまい、毛穴の中の汚れをしっかりと落とす事ができなくなってしまうからです。
また、泡立ちが悪い状態ですと手がお肌に触れて刺激になってしまいますので、そういった事を防止する為にも洗顔料をしっかりと泡立てる事が大切なのです。
洗顔料を泡立てる時には泡立てネットの使用がオススメです。
私も泡立てネットを使用していますが、簡単にふわふわの泡を作る事ができます。
洗顔は洗い方も大切です。
ごしごしと擦ってしまうとお肌に刺激を与えてしまいます。
ニキビを悪化させてしまう事にもなりますので、手の摩擦に頼らず泡だけで洗うようにしています。
洗顔をした後のすすぎも重要です。
すすぎ残しがあると洗顔料がお肌に残ってしまいますので、時間を掛けてしっかりとすすぎを行うようにしています。
特に意識して洗い流したいのがおでこの生え際やアゴのラインです。
しっかりとすすぎを行ったつもりでも鏡を見てみると泡が付いている事がありましたので、こういった部分のすすぎには気をつけています。
洗顔を終わったらすぐに化粧品を使用してお肌の状態を整えてあげる事が大切です。
私は少し乾燥気味のお肌ですので洗顔後というのは非常につっぱった感じがあります。
その状態というのはバリア機能が低下しており、外部からの刺激に弱くなっていますので、速やかに化粧品でお肌の状態を整えるように意識しています。
もちろんその際に使用する化粧品にも気をつけています。
使用する化粧品がお肌に合っていないとニキビを悪化させてしまう原因になりますので、自分の肌質に合う化粧品を使用するようにしています。
また、私は生活習慣の改善も行いました。
特に意識したのが睡眠です。
睡眠中にお肌の生まれ変わりが促進されますので、しっかりと眠る事が大切です。
しかし、私の生活は若干乱れ気味でしたので、毎日規則正しい時間に眠るように改善していきました。
また、食生活の改善にも力を入れました。
脂物が多かったのですが、なるべくお野菜などを多く摂取してバランスの良い食事を取るようにしています。

Copyright (C) 2008 きれいな肌.com All Rights Reserved.