ニキビイメージ

ひどいニキビに悩まされた20代の体験談

誰でも、一度はできたことがある肌あれと言えば、ニキビです。
思春期におでこなどにできたことがある人、ぽつぽつと部分的にできたことがある人など、本当に多くの方が経験したことがあるものです。
でも、本当に深刻に悩む人もいれば、たまにできるくらいでほとんど悩んだ経験のない人もいます。
私は、前者のタイプで、かなり深刻なニキビに数年間悩まされていました。
ニキビには種類があります。
主に思春期の皮脂が活発に出る時期にできるタイプのものと、大人になってからできるタイプに分けられます。
この二種類はできる位置や、できる原因が異なります。
そのため、改善する方法も違うのです。
思春期タイプのものは、とにかく活発に出る皮脂によって毛穴がふさがれてしまうことが原因です。
そのため、改善策としては、やはり皮脂を取り除くと言う事なので、洗顔をしっかりとして、肌を常に清潔にしておくと言う事です。
大体この思春期のタイプはこの方法で改善され、まだ若いと言うことで、跡も分からなくなります。
比較的に改善方法が簡単です。
ただ、大人になってからできるタイプは本当に厄介です。
その理由は、できる理由が絞れないからです。
乾燥、ストレス、女性ならホルモンバランスなど様々な理由が考えられるので、なかなか治りにくいのが特徴です。
さらに、女性の場合は、社会人になるとメイクもするので、より治りにくい環境にあります。
そんなわたしが悩まされていたのも大人ニキビでした。
社会人になり半年が過ぎたあたりから少し頬のあたりにニキビができているのに気がついたのが始まりでした。
始めは本当に少しできていただけだったのが、日に日に毎朝のメイクの時に数が増えているのがわかるようになりました。
そして、気になるのでメイクでカバーしていたのが余計に悪化し、さらに範囲を広げて顔中にまで広がっていったのです。
その時の私は間違った知識を持っていたので、思春期タイプと同じように、しっかりと洗顔をして皮脂を取ろうとしていました。
でも、大人のタイプはそのケアは間違っていました。
皮脂をとりすぎてしまうと、余計に乾燥し、代謝が悪くなるので、肌の角質が毛穴をふさいでしまうのです。
そのため、どんどんさらに悪化しいきました。
すごくひどくなったせいで、人の目もまともに見れないほどになっていました。
自分の力では改善できないと思った私は、皮膚科に通う事を決意しました。
そこですすめられたのが、ピーリング地調です。
ピーリングは角質をきれいにオフして、肌の代謝をよくし、生まれ変わらせてくれるのです。
肌が正常に健康な状態になると、もちろんニキビもできなくなるし、跡も早く改善されます。
さらに、健康は肌だと、細胞の水分もしっかりと満たされたものがうまれてくるので、非常にキメの整ったきれいな肌になるのです。
このことからピーリングを決意し、二週間に一度ピーリング治療に通いました。
始めの数回は実感がなかったのですが、数回繰り返し通っているうちに、明らかに肌がきれいになっていくのを感じました。
およそ、半年かかり、私の肌はきれいになりました。
肌のトーンも明るくなり、しかも、跡もほとんど残っていません。
私のひどい肌荒れはピーリングによって改善されました。
それ以降、しっかりと保湿を重視したスキンケアに切り替え、しっかりと健康な肌を保っています。
ニキビは自分で無理に治そうとせず、専門家の知識を借りるべきです。

Copyright (C) 2008 きれいな肌.com All Rights Reserved.