ニキビイメージ

妊娠中に大量のニキビが発生しました

私はずっとニキビとは無縁でした。
姉が学生時代に大量のニキビに悩まされていたので、とても痛そうだし跡は残ってしまうしで適切なケアをするのが大事だと言うことは知っていましたが、ケアの方法もほとんど知らなかったくらいです。
ところが、妊娠5か月目の頃から怖いくらい大量のニキビができるようになってしまいました。
最初は、額に白いぽつっとした塊ができただけなので、あまり気にしていなかったのですが、その白いぽつぽつが日を追うごとに増えていき、1か月ほどで額とあごには見るからにたくさんのニキビができてしまったんです。
妊娠中は、ホルモンバランスが崩れてできやすくなるとは聞いていたのですが、まさかこんなに大量にできてしまうとは思ってもいませんでした。
ケアの方法が分からないので、姉に電話して教えてもらいました。
まずは、基礎化粧品をニキビケア専門のものにした方が良いと聞き買いに行きたかったのですが、下腹部がはることが多くてあまり動かないようにと産婦人科医から言われていたので、しばらくは無理そうです。
と姉に話すと、休日に姉が買い揃えて基礎化粧品を持ってきてくれました。
顔全体が脂っぽい感じがするので、ついつい洗顔をこまめにしてしまいたくなるのですが、洗顔のしすぎは良くないと姉に教えてもらいました。
顔の脂は必ずして敵視するのもではなくて、顔の表面を皮脂膜で覆って皮膚が外界からの刺激を受けるのをバリアしてくれるものなので、皮脂をごっそり取り去ってしまうと、顔がバリアをはらねばと過剰に皮脂を分泌してしまうとのことでした。
洗顔の仕方は他にも注意点があって、ごしごしこすってしまうと皮膚の刺激になってしまうので、泡立てネットを使って泡で優しく力をあまり入れずに洗うことで余分な皮脂を落としつつもほどよく皮脂を残してくれるので良いのです。
洗顔の後は、なるべく早く化粧水をつけて保湿すると良いので、洗面所に一緒に化粧水も持っていくと良いと教えてもらいました。
肌が乾燥してしまうと、皮脂が分泌されてしまうので保湿も大事です。
それと、私は便秘がちなのですが、便秘も原因かもしれないと姉に教えてもらい徹底的に便秘解消することにしました。
妊娠すると便秘になるとは聞いていたのですが、確かに妊娠5か月に入ってお腹がぽっこりしてきた頃から、ますます頑固な便秘になってきていました。
最初は食事でなんとかしようと、ヨーグルトに食物繊維など便秘に効果のあるものを取り入れてみましたが、あまり効果はありません。
そこで、妊婦健診に出かけた時に、医師に便秘の事を相談すると、胎児に影響のない便秘薬を出してくれました。
適切なケアをしたことと、便秘解消のどちらが効果があったのかは分かりませんが、あんなに大量にできていたニキビが、妊娠8か月に入ることにはだいぶ減ってきたのでほっとしました。
適切なケアをしたからか、跡も全く残らず出産する頃には以前のような肌に戻れてほっとしました。
出産してから気が付いたのですが以前はすごく乾燥しまくりの敏感肌だったのですが、なんだか肌が丈夫になった感じがします。
もしかしたら、あの大量にできたニキビは、私の肌の中の悪いものを全部外に排出してくれたのかなと思えるくらいの肌質が変化しました。

Copyright (C) 2008 きれいな肌.com All Rights Reserved.