ニキビイメージ

一生ニキビと付き合っていくには

私は一番ニキビが多いとされる学生時代は全くと言っていいほどニキビが出来にくい肌質でした。
特に中学生時代は子供のような肌質で毛穴も全くありませんでした。
まさかこんな私が将来大人になって肌トラブルに悩ませられるとは想像もしませんでした。
高校生になってからは毛穴が気になるようになり、年に一つ二つくらいはニキビができるようになりました。
しかしそれでも他の子達に比べると悩みのうちにはならない程度です。
そして20歳を超えるとまた肌質が変わり、気になっていた毛穴がさらに気になるようになりました。
そこでスクラブ洗顔だったり鼻パックだったりと色んな商品を試すようになりました。
しかしその頃も以前にも変わらずニキビに悩まされることはありませんでした。
20代半ばになるとテカリやホウレイ線を気にするようになりました。
しかしそれでも周りの子達よりは肌質が良かったのか肌は綺麗と褒められる程でした。
今思えばほかに褒めれたところがなかったからなのかもしれません。
依然として年に1、2回ほどできるくらいでそんなに気になるほどではなく普段できないものだからこそついいけないとは分かっていてもすぐに潰してしまうことが多かったです。
そしていよいよ30代になりました。
その頃から肌に衰えが出てきたのかメイクのノリがなんだかしっかりしないなと感じることが多くなりました。
しかしそれでも周りの人に比べるとシミやシワはほとんどありませんでした。
肌トラブルに悩まされるようになってきたのはこの頃からではありますので、変化にすぐには気づけなかったのかもしれません。
肌トラブルに悩まされるようになった30歳その頃はまさか今更ニキビに悩む時が訪れるなんて思ってもみませんでした。
始めは学生の時から出来ていたニキビがいつもより数が多いなと感じる程度でした。
しかしそっとできない性格の私はついできてしまったニキビを潰そうとしてしまい、蚊に刺されたんではなかろうかと思うくらいの大きさに成長し、さらにかさぶたができてしまうほど出血していました。
それも毛穴に詰まった皮脂を取り出したい一心でついというのは言い訳になりますが本当につい悪化させていました。
これではいけないと気づいたのは跡が残るようになってからでした。
昔は年に1、2個しかできなかったものが30歳を過ぎてから1ヶ月に2、3個と驚異の増加をするようになり、ついには何らかの病気ではないだろうかと疑われるほどにまで数が増えてきました。
最初にできた2,3個が治って新しくできるといったサイクルで増えてしまい、その頃にはメイクを落としたあとも跡が消えないほどにあまりのひどさに病院を受診しました。
検査の結果やはり大人にきびとのことでした。
処方されたのは塗り薬でした。
もし、それで治らない場合はホルモンの関係かもしれないのでその時はもう一度受診してくださいとのことでした。
幸い出された処方箋で驚く程すぐに治りました。
しかし、肌トラブルに悩まされるようになって1年半ほど経ちますが未だにあとは消えないままです。
シミみたいになってしまい、今ではこれ以上跡を増やさないようにと思うばかりです。
徐々に再生はしているのか薄くはなってきているように感じます。

Copyright (C) 2008 きれいな肌.com All Rights Reserved.